USBシリアル変換アダプタ(CP2102)からDTR信号を引き出す

前回の投稿の続きです。

Arduino公式ドキュメントによれば、Arduio Pro Miniはプログラム書き込み時にリセット信号をGRNピンに送信する(またはリセットボタンを毎回押す)必要がありますが、私が購入したUSBシリアル変換アダプタ(CP2012チップ使用)には、その機能がなかったため、アダプタを少しだけ改造してみました。

CP2102_usb_serial_adapter

最初はピンヘッダのひとつに「RST」という記載があったので、てっきりこれがArduinoのリセットに使えるとばかり思っていたのですが、CP2012のデータシートを確認したところ、CP2012をリセットするための信号でした。ちゃんとデータシート読まないとダメですね(汗)。

CP2012_DTR
その代わり?28番ピンにDTR(データ端末レディ)信号が出ているのを見つけました。
28番ピンは何処にも接続されていなかったので、この信号を何とかしてArduino Pro Miniに繋いでやることにします。

CP2102 howto

具体的には、RST用のピンヘッダを拝借して、代わりにDTR信号を送ることにしました。
最初はRST用のピンヘッダから9番ピン(RST)へ繋がっているパターンをカットするつもりだったのですが、途中に抵抗R3がハンダ付けされていたので、こいつを外してパターンカットの代わりとして、さらに空いたランドに積層セラミックコンデンサを取り付けました。

capacitor 0.1μF (104)

積層セラミックコンデンサは0.1μF(104)を使用しています。Arduino公式の回路図を見ると、DTRからRESETへのラインには0.1μFが入っているので、積層セラコンを入れずに直接28番ピンをRSTピンに繋いでも動作するかもしれません(未検証ですが)

CP2102_modified

できあがりはこんな感じになります。
積層セラコンの足はなるべく短くカットしてみました。長すぎると抜き差ししているうちに指が当たってパターンごと剥がれる事故が発生するかもしれないので。というかしました。(涙)

28番ピンには作業前に少しだけハンダをのせておくと作業がしやすいです。
ただし0.5mmピッチなので隣のピンとくっついてしまわないように注意して下さい。

arduino_pro_mini_connected

Arduino Pro Miniと接続してみました。こうしてみるとPro Miniの小ささが際立ちますね。
小さなデバイスを作りたいユーザにとって、この小ささと低価格(互換機だとさらにお安く!)が大きな魅力です。ブレッドボードに直接刺さるというのもお手軽で良いですね。

もし安価にArduinoを試したい!という方はぜひチャレンジしてみて下さい。
もちろん最終的には自己責任でお願いしますが、もし質問などあればコメント欄にお願いします。m(_ _)m

「USBシリアル変換アダプタ(CP2102)からDTR信号を引き出す」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*