b-mobile wifiにAT&TのAPNを設定する

アメリカ短期滞在中に、外出先でちょくちょくインターネット環境が必要になるので色々調べてみたのですが、AT&Tのプリペイド携帯(GoPhone)のデータ定額サービスを利用するのが一番手軽だという結論に達したので、近くのAT&Tに行って、アクティベートしたSIMカードを貰ってきました。プリペイドカードを一緒に購入すればSIMは原則無料とのことで、出費は$25のプリペイド分のみでした。

ちなみにAT&T GoPhoneのsimカードのアクティベートに関しては下記のサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

【iPhone】 アメリカのGophoneプリペイドSIMを使う方法 【まとめ】

このsimを、日本から持ってきた日本通信のb-mobile WiFi端末に入れて使っています。初期状態だとb-mobile WiFiのAPN設定しか有りませんが、AT&TのAPN設定を追加することであっさり使えるようになりました。simフリー端末って便利ですね。

APN設定を備忘録的に貼り付けておきます。

プロファイル名: (お好きな名前を。私は「atandt」にしました)
APN: wap.cingular
ダイヤル番号: *9***1#
DNS: 自動
認証方法: CHAP
ユーザー名 wav@cingulargprs.com
パスワード cingular1
ユーザー名 wap@cingulargprs.com
パスワード CINGULAR1 (アルファベット全て大文字)

AT&T APN設定

ちなみにGoPhoneのデータプランは、10ドルで100MBまでと、25ドルで500MBまでの2プランがあります(昔はもう少しあったんですが)と、5ドル10MBまでの3プランがあります。私は25ドルで500MBまで使えるというプランを選択したのですが、未だに20MB位しか使っていません(涙)。利用期限は30日間なのでこのペースだと確実に使い切れなさそう。100MBのプランにしておけばよかったかも・・・

(追記 2011-07-15)
「通りすがり」さんの指摘を受けてAPN設定を修正しました。
通りすがりさん、ありがとうございました。

(追記 2011-08-01)
AT&T GoPhoneのアカウント画面から「Buy Feature Packages」を選択した場合「Data 10MB $5.00」というプランが選択できます。容量が小さいので単発ではあまり意味がありませんが、自動更新に設定しておけば緊急用として使えそうです。アカウント維持費用と考えても年間60ドルで済みます。

「b-mobile wifiにAT&TのAPNを設定する」への4件のフィードバック

  1. 引用したウェブにあったのですが、ユーザー名が間違ってるようです
    画面キャプでみるとブログを書くときにミスタイプしただけのようですが。

    あとパスワードが大文字小文字判別で全部大文字と書いてありますね。

    Name: AT&T
    APN: wap.cingular
    proxy: none
    port: none
    username: wap@cingulargprs.com
    password: CINGULAR1 (case sensitive)
    Server: none
    MMSC: http://mmsc.cingular.com
    MMS Proxy: wireless.cingular.com
    MMS Port: 80
    MCC: 310
    MNC: 410
    APN Type: none

    今、アメリカに来てGophoneのSIMを買ったはいいけど、設定ができずに困っていたので助かりました。

  2. こちらに詳しく載ってるのですが、ミスタイプがあるようなので、修正したほうがいいかも。
    現地で困って検索するひとが多いと思いますので。

  3. >通りすがり さん

    ご指摘有り難うございます。一番大事な情報をタイプミスしてましたね・・・
    早速修正いたしました。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*